時の流れは早いもの

 

高校生の日常日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

新井、スタメン抹消 

虎将、決断-。阪神はヤクルトに0-6で完敗。今季5度目の零敗を喫した岡田彰布監督(50)は15打席連続無安打の新井貴浩内野手(31)の休養を決め、16日、通告する方針を固めた。チームのため、北京五輪の金メダルのために、鬼になって、新井と会談を持つ。

 痛々しい姿に岡田監督はハラを固めた。新井の休養-。それはチームのためでもあり、北京五輪のためでもある。「52」で、わずか4時間31分で消滅した優勝マジックは頭の片隅から消えていた。

 「本人は『フルイニング出場も(続けたい)』というし、きょうまで様子を見ようと思っていたけどなぁ…。あんまり悪いのもな。今の状態で、オリンピックに行かせられへんやろ。オレだけのことじゃないからな」

 一度は直訴され、容認したスタメン出場。しかし倉敷で繰り広げられた姿に心が動いた。ハリは一気に傾いた。

 今季5度目の零敗の象徴は八回だ。平野、赤星の連打と関本の死球で、一死満塁と初めて好機を作った。しかし新井はカウント2-1から空振り三振。4打数無安打で、11日の広島戦(甲子園)の3打席目から15打席連続無安打となった。

 「川島亮? まあまあ、まあまあじゃないですか。腰? …」

 消え入りそうな声が症状の深刻さを物語っていた。移動日の14日は完全休養にあてたが、交流戦から訴えた腰の張りがよくなることはなかった。4試合連続で打撃練習をせず、マッサージを受けてから挑んでいた。

 「こうしてやってきて、本人も絶対に『休む』とはいわんだろう。でも、オリンピックでも大事なところ(4番)やからな。休ませるのがベスト? そらそうよ」

 連続フルイニング出場の世界記録保持者の金本(15日時点で1266試合)の背中を追い続けてきた。広島時代の06年から全試合出場中。フルイニングは07年4月4日の横浜戦(広島)から、220試合を継続中だ。指揮官も重みをわかっている。だが“夢”だけを追えないのも事実。

 17日には北京五輪の日本代表最終メンバー24人が発表される。星野監督から4番を託される男を、このままでは、自信を持って送り出せない。だからこそ、あえて言う。休め…と。

 試合後に帰阪した新井と、16日の試合前、2人だけの時間を持つ。非情の通告。FA砲に将の思いをハネ返す力があるのかどうか。“反論”ができなければ、スタメンから「新井」の名前が消える。

 「バット、振れんしな」

 その後に続く言葉は、無理をするな-。トラとニッポン野球のために岡田監督は鬼になる。その覚悟はできた。運命の会談。その向こうから“明かり”が見えて来る。

3番に関本、5番に高橋光が本日はスタメン出場中。

新井は、全力疾走ができず、体が崩れ落ちるような空振りを繰り返した。
6月中旬に腰痛が発症。極秘に受診したMRI検査では左腰から背骨に向かって7センチほど一直線に走る筋肉の傷が写っていた。神経が集まる部分への損傷。野球はもとより日常の生活を送る上でも激しい痛みに襲われた。今月10日の巨人戦以降は試合前の打撃練習を見合わせてきたが、症状に改善は見られなかった。

・・・困りましたね。阪神だけでなく、日本が困ります・・・
休んで、早く治して欲しいですね。
日本中の皆さんが待っていますよ。
新井よ!頑張れ!!!!



クリックお願いします!更新の励み・やる気を呼び起こします。(多分w
Posted on 2008/07/16 Wed. 19:30 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://pawer7.blog17.fc2.com/tb.php/89-8a7cde94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。