時の流れは早いもの

 

高校生の日常日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

マー君、右肩痛…五輪出場ピンチ  



クリックお願いします!更新の励みになります!どうかお願いします。

北京五輪日本代表の楽天・田中将大投手(19)が22日、埼玉県内の病院で診察を受け「右肩の上腕二頭筋長頭部の炎症」と診断された。23日にプロ2年目で初めて登録を抹消し、仙台市内でチームドクターの診察を受ける。炎症は軽度だが、31日からの球宴は辞退が濃厚。中継ぎでのフル回転が期待される五輪出場も微妙な状況だ。
  ◇  ◇
 マー君が痛みを感じたのは7回3失点、10奪三振と好投した19日のソフトバンク戦の試合途中。22日になっても痛みが引かず、試合前の診察で右肩の故障が判明した。
 関節唇や腱板に損傷はなく、南谷チーフコンディショニングコーチは「軽症で、1週間ほどノースローにして様子をみる」と説明。通常なら1週間でキャッチボールを再開できるという。
 試合前練習では軽いランニングなどをこなしたマー君は険しい表情。「右肩痛は人生初?まあ…。勤続(疲労)です。蓄積(疲労)です…。早く治して頑張りたいです。五輪?それは僕にも分かりません。様子見ですね」。言葉少なで試合途中で球場を後にした。試合前に田中から報告を受けた野村監督も「(19日の)七回あたりであれ?と思ったらしい」。今季のマー君は開幕から腰痛を抱えており「腰をかばうから、どこかに負担がくる。心配はしていた。上体の強い投げ方だから危ないと思っていた」と不安が的中した。
 将来性のある19歳だけに、無理は禁物。指揮官は今後について「球宴は辞退じゃないか。五輪もやばいのではないか。投球フォームのバランスから、もう1度やり直さないといけない」と星野ジャパンへの影響も必至。米田球団代表は「NPBには登録を抹消するかもしれないという報告を入れてあるが、五輪や球宴に関しては診断書がないと正式な判断はできない」と説明した。

2008年7月23日(水) 9時51分 デイリースポーツ
Posted on 2008/07/23 Wed. 13:53 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://pawer7.blog17.fc2.com/tb.php/144-c927e371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。